硫黄地獄

2010年07月10日

日本再立国論〜縮小ニッポン脱出の処方箋〜(笑)

お金欲しいな☆

なーんてこと、皆さん思いますよね。
僕も思います。
もちろん、誰もが思うことデス。

てなことをGoogle先生に相談したら、こんなサイトが出てきました。

早い話が、「“日本再立国論〜縮小ニッポン脱出の処方箋〜”について論文を書いて1等になれば100万やるよ、この元精子野郎が!」てな感じデス。

うーん、可能ならもっと得意分野のテーマにしていただけるとありがたいところデスよね、マジで。
具体的に言えば、道行く人がフィストファック愛好家かどうかを確認する方法とかだとラッキーだったんスけど。
既にネタが存在してるからラクチンだって点も美味しいところだったんのに。

とはいえ、残念ながらお題は「日本再立国論〜縮小ニッポン脱出の処方箋〜」デス。
どんなにゴネても、これは変わりそうに無いのがツラいところ。

まぁ、とりあえず草案くらいは作ろうかなってのが今回の更新における最大の目標かなと。

えーと、日本再立国でしたっけ?
ここで問題になるのは、「再立国」ってことは現状で「日本が倒れている」必要が出てきちゃうって点デスね。

日本ってマジで倒れてるんでしょうか?
ボクが不満無く生活をしているワケじゃないって1点を根拠に「この国は糞ファッキンだから、新しい国を建てようぜ!」って主張しても良いっちゃ良いんスけど、別に新宿2丁目でアナルを売らないと飯が食えないとかは無いデスし、アパートの階段にあからさまに密入国者的オーラを感じるスパニッシュ系の女性が転がっていたなんて事態こ1度しか経験していません。

てなワケで主観だと「クソッタレなファッキン日本」と思わないでもありませんが、客観的に見ればジンバブエとかソマリアよりはマシだろてな結論に。

いや、別にそんな事態になったらなったで受け入れますけどね。
ちびっこマインドの抜けないボクとしては、新宿がスラム化して「丸腰で出歩くとか、ブロンドの女が裸でハーレムを歩くみたいなもんだぜ、坊や」とかバーボンの入ったグラスを傾けながら忠告してあげたいなぁ……みたいなことを常日頃考えてますもん。

うん、でも残念ながら日本は依然平和なまま。
安普請な我が家の扉が蹴破られるとか、そんな事件は起きません。

というワケで日本は「倒れていない」のだから「再立国」することは、そもそも不可能である。
Q.E.D.


って感じで締めくくっても良いんスけどね。
流石にこれじゃあ100万ゲットの可能性が低いのは確定的明らか。
むしろ100万をもらっちゃったりしたら、それこそ日本の将来が不安でボクの寿命がマッハ。

てなワケで、もう少し掘り下げてみることに。

日本は「倒れていない」というのは上記までの結論。
そこに追加要素を加えるとしたら、「〜縮小ニッポン脱出の処方箋〜」の部分でしょう。

うん、これならアリですね。
日本は縮小してます。
確か、ムー大陸とか日本だったんでしたっけ?

そういう物理的な意味だけでなく、色々と縮小しているのは疑いようない事実だといえます。
例えば、ボクの男性器。

流石に20代の後半ともなると、若かりし頃の勇姿を拝むことが難しくなりつつあります。
同時に、分泌されるリキッドの量もまた減少傾向にあるのもまた認めざるをえないところであります。

だったら「手っ取り早くエビオスを支給しろよ、政府のお偉いさんよぉ」と言えば問題は解決するのでしょうか?

否! 断じて否!

これはあくまで対処療法に過ぎないワケです。
問題を解決するにあたっては、原因を取り除くことが重要ではないでしょうか?
では、いかなる施策が問題の根本的解決に繋がるのでしょうか?

答はカンタン、「別に問題など無かった」と思えるようになれば良いのデス。

おめー何言ってんだよ、脳みそ腐ったか?
そう思われる方もいるでしょう。

しかし待ってください。
ボクが自分の男性器が縮小傾向にあることを気に病み、性のリキッドが減少していることに悲しみを感じているのかを考えてみてください。

これは、「動物的に“雄”として優れた状態を保つことで“雌”からの関心を手に入れたい」という本能的願望が起因しているのデス。

もうお分かりデスね?
この本能的願望を緩和してあげることで問題は解決可能なのデス。

さて本能的願望を和らげるために何をすれば良いのか?
第一の案は死デス。

まあ、死ねば助かるのに……ってヤツですね。
しかし、これは残念ながら却下せざるをえません。
理由はカンタン。
死んだ後のことが気になるからデス。

別に死んでも良いけど、後々の世の中がどうなるか気になるじゃないデスか?
生への執着は本能的な部分よりも、知的好奇心の要素が強いんじゃないかなと個人的には考えています。

さて、そんなワケで第一案を採用するワケにはいかないので、第二案を検討せざるをえません。
ボク達が取るべき、というか政府が実行すべき第二案は「大脳新皮質的に本能的願望を中和すること」デス。

本能にとらわれ続けるほど、ボク達人間はアニマルじゃないのだよ、チミィ。
ってことで人間らしく問題を解決すればオールOK。

具体的には、ボクの性欲を満足させる方法を考えろよ、糞ファッキン。
分かるでしょ?
たとえば、週に8回くらいイラマチオOKな専属風俗嬢(他のお客さんをとらない・給料は国負担)みたいな感じで、ちょっと派遣してくれれば良いんスよ。

これなら、性欲は満たされ&本能的嫉妬に理性がかき乱されることも無くなるでしょう。
多分、犯罪率も減るんじゃないでしょうか?
ちょっとしたイライラなんか、すぐに消えちゃうこと請け合いデスもん。
前科持ちは、この施策の対象外にする的なことにすれば、もっと効果的かもしれません。

出会い系等々を駆使してセックスのパートナーを求めることもなくなり、市井の風俗に足を運ぶ必要もなくなります。
これによって、暴力団的組織の資金源を断つことが可能となります。

さらに、仁義なき皆様に流れる可能性のあった資本を通常の市場へと流れ込みます。
つまり、経済の活性化が期待されるワケです。

え、何?
マジで神アイディアじゃないデスか、これ?

男性器の縮小を気にしなくて済む手段によって、犯罪率が低下して経済も潤う。
一石三鳥!

わーお!
いっつ、ふぁんたすてぃっく!

しかも、ぼくはひゃくまんえんもらえるよ!
やったね、いおうちゃん! おさいふのなかみがふえるよ!
posted by 二酸化硫黄 at 11:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

ありふれた日常の些細なこと

げろげろげーろ、みなさんおはようございます。

関係無い話ですけど、みなさんは最近ゲロ吐きましたか?
ボクは7時間くらい前に吐きました。

結構、ケロケロと吐いちゃうんスよね、僕。
多分、他の人なら我慢しちゃうだろってくらいの「軽い気持ち悪さ」でも躊躇なくゲロってしますんデス。

きっと、学生の時から酒を飲んではケロケロ吐いてたから抵抗感が無くなってるんだと思います。
だって、世間一般だと「ゲロ=結構体調が悪い」みたいなイメージだと思うんスよね。
でも、ボクは別に特に抵抗とか無いんで積極的に吐いちゃいます。
ケロケロした後に水を飲むと、水が甘くて美味しいんデスよ?

さて、このことから得られる教訓は、「何事も慣れだよ慣れ」ってことだと思われます。
ゲロという世間一般的には厳しめの行動も、長年のゲロワークによって慣らされたボクにとっては些細なことでしかないことから、このことは確実だと思われます。

このことは多くのことに適用されると考えられます。
たとえばセックス。
いわゆる処女は当然セックスに対して大きな抵抗感を持っています。

そんなんだから、付き合いを始めても「まだ、そういうのは早いと思うの……」とか、ほざいちゃうワケですよ。
それに対して、セックスに関する経験が豊富な女性は「ああ、もう面倒だからセックスしときなよ」という感じでタバコを勧めるような手軽さでセックスをキメてしまうんじゃないでしょうか?

個人的には、こういうフランクなセックスがベネだとは思いますが、中にはムードとかを求める男性もいるでしょうし、難しいところではあるかもしれません。

さて、上記のようなセックスに対してフランクな思想を持ってるような女性も、アナルやイラマチオ、縛ったり縛られたりに対しては抵抗感を持っているかもしれません。

それは何故か?
答は単純。
慣れていないからデス。

今までに経験をしたことが無い。
その1点において、抵抗感を感じているのデス。

だからボク達に必要なことは、「最初の1歩」を踏み出す勇気。

「アナルとか、ちょっと良くね?」
「ねぇねぇ、イラマってみようよ?」
「メガテンとかでバインドってあるじゃん? やっぱりバインドされると動けなくなるのかな?」

そして上記のように手軽感を演出すること。

この2点を守ることで、ボク達は新しいステージへと歩みを進められるのではないでしょうか?

何が言いたいかというと、ボクは『ストライクウィッチーズ』の2期を応援していますってことデス。
posted by 二酸化硫黄 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

優しい人間は、もっと積極的になるべきだった!

世の中には『家出っ娘』というジャンルが存在しています。
そういった属性を持った女子に対する我々男子のアクションは、大体1つに集約されます。

「こんなところにいると、風邪をひくよ? 行くとか無いんなら、うちに来なよ」

おそらく多くの家出っ娘は、このような対応を求めて、あるいは期待して家出をしているのだと思います。

そして、明らかに重要なことは「その後、明らかにセックスをすることになる」という点デスね。

だって、そんなシチュエーションになったならば、大半の男性諸君はセックスを求めるでしょうし、家出っ娘の側も当然のごとく覚悟をしているのではないでしょうか?

そう、家出っ娘という属性=セックスできるっ娘なのデス。
コレは大きな問題だと言えるでしょう。

何故なら我々のような健全なマインドを持った人間が家出っ娘に声をかけたならば、通常のセックスを要求するだけで問題は解決するでしょう。

しかしながら、世の中には我々のような全うなマインドを持った人間ばかりではありません。

猟奇的な嗜好を持ったサイコパスもいるでしょうし、そもそもAVや風俗のスカウトといった可能性もあるでしょう。

つまり何が言いたのか?
ボク達のような人間が家出っ娘に声をかけることをためらうことで、家出っ子の将来に大きな災いが待っているのデス。

アナタ方は優しい男性だとボクは信じています。
それならば、どうして家出っ娘に声をかけないのでしょうか?

その一瞬の躊躇が、彼女達家出っ娘を地獄へと突き落としているのデス。
ああ、家出っ娘が未成年だったり病気だったり、そういう危険性を持っていなければ!!

あ、ボクは優しくないんで声かけたりとかしないデスよ^^
自分が大切ですし^^^^
posted by 二酸化硫黄 at 04:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

年越しFuckは鰹出汁のかほり

もう6月ですね。
6月ということは1年の半分ってことに。
いやーマジ早いっスね、時間が経つのって。

このことを考えるに、年が変わるのもあっという間な気がしてなりません。
つまり今からでも年越しの瞬間に何をすべきかを考えておく必要があるのではないでしょうか?

だって、アレじゃないですか。
何かしらのイベント直前になって、急に慌てても遅いって話っスよね。

「ヒギィっ、もうすぐクリスマスやないか……。何か起きねーかな」
起きねーよって話っスよね、ぶっちゃけ。

いや、起きるかもしれませんよ。
もちろん可能性はゼロではありません。

雪の降るクリスマス当日、アパートの階段にダッフルコートとか着た女の子とかが座ってて、「こんなとこにいたら風邪ひくよ?」的な展開が起きる可能性は決してゼロではありません。

でもまぁ、その可能性に賭けるのは、ちょっち分が悪いんじゃないんでしょうか?

まず、クリスマス当日に起こる可能性が低い点。
次に、座ってるのがダッフルコートを着た女の子である可能性が低い点。

などなど、様々な可能性を検討した結果、クリスマス当日に動き出すのが、too lateだと言わざるをえないのデス。

昨日、アパートの階段にコロンビア系の女性が座ってて、(うーん、どうしたものか……)と思った僕が言うのだから間違いありません。
結構美人さんだったんデスけどねぇ。
やっぱ、色々と怖いなぁ、と。

閑話休題。

というワケで、前もって色々と検討する必要があるって話デス。
つまり年越しをどう過ごすか、それを考えるのが建設的なんだと言えるのではないでしょうか?

魅力のある年越しスタイル。
まぁ、年越しセックスですよね。

セックス納めから同時に姫初めへと移行する。
これこそが理想的な年越し及び新年の迎え方スタイルなのではないでしょうか?

つまり除夜の鐘を聞きながら腰を108振り。
1年の煩悩を清め、また新たな煩悩を受け取る。

生と性のサイクル。

この輪廻を綺麗に回していくためにも、スケジュールの前倒し前倒し前倒しにする必要があるのではないでしょうか……?

早く、ちんこ黒くなりたいです><
posted by 二酸化硫黄 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

色々とまとめて

オムニバス的に色々と。


大人として「ほう・れん・そう」は大事。女「らめぇ、もう我慢できない///」男「5W1Hを明確に」女「今すぐ、ここで、あなたの、ちんこを、ぶちこんで、ハード!」
言わずと知れた大人の常識「ほう・れん・そう」デスね。
そう、大人としての常識なのデスよ。
だから、性的なシーンにおいても有効な常識だと言えます。

女子とのアヴァンチュールを楽しむ際、相手側から不可思議な要求をされても、落ち着いた対応が求められているってことデスね。

「いつ? どこ? 誰? 何を? どうして? どのように?」
明確な報告を求める必要があります。
不可解な報告をされても、こちらとしても何をすれば良いか分かりませんもんね。


体だけが目当ての鬼畜男子と、体も精神も命さえも欲しがるヤンデレ女子。どちらかと言うと、体だけしか求めない鬼畜男子の方が、無欲で質素な禅僧的な感じですよね
世間一般で「ちょっと、そういうのは……」と敬遠され気味の2パターンの男女像。
セックスだけ出来れば超々満足な鬼畜系男子。
好き過ぎて相手を殺しちゃうヤンデレ系女子。

しかし、この2つを冷静に比較してみると明らかに優劣が存在しています。

何故なら、鬼畜系男子は「体」だけしか求めていないのデスから。
一方のヤンデレ系女子は、身も心も命すらも求めています。

「どんだけ貪欲なんだよ!」
そう言わざるをえません。

以上のような理由から、鬼畜系男子には禅僧的、あるいは良寛和尚のような質素を尊ぶ気風が存在していると断言することが出来ます。


双子での近親相姦って、近親相姦というよりはナルシズムな予感。もっと言うとオナニー?
これは極論デスねw
だって、別に双子に限ったことじゃないデスもんね。

近親相姦って、基本的にオナニーあるいはナルシズム的要素が多いんじゃないかなって思うんスよね。

他者との交渉を伴なうセックス。
自分の世界で完結するオナニー。

セックスのパートナーを血の繋がりがある相手に求めた場合、どちらかというと後者に近いんじゃないでしょうか?

他者との交渉といった複雑なプロセスを経ずセックスに至ること。
それが近親相姦なんじゃないでしょうか?
いや知らんけどw

まあでも、双子レベルに自分と似た存在相手のセックスって、オナニーなんじゃねと思わざるをえません。

うーん、近親相姦はマジ興味無いんで、イマイチ真面目に考えられないデスね。

だから、感覚的な感じっスねw


高校時代、軽音部ってヤンキーのたまり場でした。紫煙の立ち込める部室、そんなイメージです。てなワケで軽音部に入ってる女子ってのは、まあオサセでした。ということは描かれていないだけで「けいおん!!」にも援助交際とか、そういうダークな日常があるんだろうな。何という社会派アニメ……。
これはもう、鉄板デスね。
だって、軽音部なんて「あんまん、肉まん、うちヤリマン」みたいなギャグが得意な女子しかいないじゃないデスか?

少なくとも、ボクの高校においてはそうでした。
そんな軽音部に所属する女子達の日常を描く青春群像劇に、セックスが存在していないなんてリアリティゼロと言わざるをえません。

しかしながら「けいおん!」の劇中でセックスは描かれていません。
ということは必然的に、放課後にセックスしていると断言できます。

そして彼氏がいる的描写もありません。
つまり、特定のステディな関係にあるパートナーを必要としていないセックスが行われいると結論することが出来ます。

まあ、援交やりまくってことっスね。
彼女たちを、生きた人間・人格ある存在だと捉えるならば、性欲を持つ存在だってことを認めてあげましょう。

まあ、要するに秋山澪が生きてるんならセックスしたいってことっスね。


四次元に向かう時間軸のある性欲と愛。マジ憧れます。睾丸や卵巣の中だろうと、火葬されて灰になろうと愛しい。もっともっと時間軸を伸ばせば、先祖を愛し子孫を愛することに。つまり、人という種に対する愛へ。さらにアミノ酸へと波及し、最後は宇宙そのものへの愛に。ちょっと素敵ですね。
「二次と三次、どちらを性欲の対象にするか」といった問題が存在します。

しかしながら、二次とか三次とかアウト・オブ・デイトと言わざるをえません。
だって上記のように四次元に対する愛は、宇宙に対する愛。
全てのものを平等に愛することそのものなのだから(キリッ

まあそんなワケで、自分の精子を飲むってのが全てを包み込む大いなる愛に繋がるんじゃないっスかね?

さあ!
ほら!
早く!
飲んで!
posted by 二酸化硫黄 at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。