硫黄地獄

2010年06月22日

優しい人間は、もっと積極的になるべきだった!

世の中には『家出っ娘』というジャンルが存在しています。
そういった属性を持った女子に対する我々男子のアクションは、大体1つに集約されます。

「こんなところにいると、風邪をひくよ? 行くとか無いんなら、うちに来なよ」

おそらく多くの家出っ娘は、このような対応を求めて、あるいは期待して家出をしているのだと思います。

そして、明らかに重要なことは「その後、明らかにセックスをすることになる」という点デスね。

だって、そんなシチュエーションになったならば、大半の男性諸君はセックスを求めるでしょうし、家出っ娘の側も当然のごとく覚悟をしているのではないでしょうか?

そう、家出っ娘という属性=セックスできるっ娘なのデス。
コレは大きな問題だと言えるでしょう。

何故なら我々のような健全なマインドを持った人間が家出っ娘に声をかけたならば、通常のセックスを要求するだけで問題は解決するでしょう。

しかしながら、世の中には我々のような全うなマインドを持った人間ばかりではありません。

猟奇的な嗜好を持ったサイコパスもいるでしょうし、そもそもAVや風俗のスカウトといった可能性もあるでしょう。

つまり何が言いたのか?
ボク達のような人間が家出っ娘に声をかけることをためらうことで、家出っ子の将来に大きな災いが待っているのデス。

アナタ方は優しい男性だとボクは信じています。
それならば、どうして家出っ娘に声をかけないのでしょうか?

その一瞬の躊躇が、彼女達家出っ娘を地獄へと突き落としているのデス。
ああ、家出っ娘が未成年だったり病気だったり、そういう危険性を持っていなければ!!

あ、ボクは優しくないんで声かけたりとかしないデスよ^^
自分が大切ですし^^^^
posted by 二酸化硫黄 at 04:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
優しい友人がこの間捕まりました。

「ガッチリ中で出しまくったぜ!」と、豪語していたあの笑顔が見れないと思うと、とっても嬉しいです。
Posted by at 2010年06月23日 02:53
はぁ、やはり他者への優しさが自分にとって厳しい現実として帰ってきてしまうのデスね。

恐ろしいことデスね。
やはり、自分に対する優しさを優先させるべきだと言えます。

大切な人には、限りなく優しく。
そうでない人には、限りなく残酷に。

これが現代を生きる上で重要な格言なのかもしれません。
Posted by 硫黄 at 2010年06月23日 07:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

6月23日 長文を読み下すほどあなたには本当に時間がないのか、ただ忙しがっているだけではないのか。
Excerpt: ■考察■ 516 blog −ジャンプ式地雷の有効半径を置き去りにできるっ!!− : 人は悪くない http://blog.livedoor.jp/oushiza516/archives/517133..
Weblog: はじまるよ
Tracked: 2010-06-23 20:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。